FC2ブログ

突発性発疹

 大多数の赤ちゃんが最初に罹患するウイルス感染症です。最近ではその後も持続的に体内に潜伏して薬疹などにも関係するなど不思議な特徴があることがわかってきています。原因はヒトヘルペスウイルス6・7(HHV-6,HHV-7)です。HHV-6にはさらにvariant AとBがあり、variant Bが突発性発疹の主な病原体と考えられています。またHHV-7も1歳過ぎから4歳までにに罹患、突発性発疹の経過をとります。HHV-6のvariant Aの感染については不明です。HHV-6・7は一度罹患すると終生体内にのこり、唾液や母乳等に分泌されています。そのため母親からの移行抗体(受動免疫)が枯渇する10ヶ月前後に母親もしくは家族から感染、発病します。突発性発疹の患児から感染するわけではありません。
 潜伏期は感染の時期がはっきりしないことから確定的ではありませんが、10~14日とされています。突然の高熱(38~40゜C)から3日間程度発熱が続き、多くは4日目に解熱すると同時に発疹が出現、発疹も3~4日で消失します。発疹の形態は丘疹様・紅斑様・斑状丘疹様、顔から体幹さらには四肢等に広がってゆきます。HHV-6に感染しても症状がみられない不顕性感染が30%程度にあり、発熱だけで発疹が出現しないものまたは発疹だけで発熱がないものなど知られていて、突発性発疹の診断に躊躇することがあります。HH6.jpg
多くは元気で合併症無く治癒しますが、10%に熱性けいれん、さらには脳炎・脳症にいたるケ-スも散見され問題になっています。これはHHV-6が脳のグリア細胞に親和性を持っていることによります。hh67cns.jpg
HHV-7の感染はHHV-6より遅れて1~4歳のことが多く、したがって2度突発性発疹に罹患ということは不思議なことではありません。 体内に潜伏したHHV-6は免疫状態が低下すると再活性化され造血幹細胞移植後の発疹に関係したり、またこの再活性化が重症薬疹のひとつDIHS(薬剤惹起過敏性症候群)の皮疹や症状の増悪に関係していると考えられています。こどもでみられる薬疹(実際はウイルスの再活性化による発疹が大部分)の多くにも深く関わっていると推察されています。 治療に特別なものはありません。対症的に対応することで十分です。実際にはほとんど何もなく経過するのが普通です。
img540.jpg(アトラスさくま:メディカル情報センタ-、2005.一部改変引用)


ポイント:突発性発疹の経過は高熱の割には軽く、対症療法で十分。 
         熱性けいれんの頻度が10%程度あり、中には脳炎・脳症に至る者がある。
         体内に残って唾液・母乳に分泌される。
         赤ちゃんへの感染源は母親か家族と考えられている。
         再活性化されて複雑な病態に関与している可能性がある。 

cfb6c6a8[1]
fd72203e[1]
  
スポンサーサイト



日本脳炎

 節足動物(蚊など)によって脊椎動物(ヒト、ぶたなど)に媒介されるウイルスを総称してアルボウイルスといいます。アルボウイルスには300以上の種類があり世界各地に分布し脳炎等の原因ウイルスになっています。日本脳炎はその中でフラビウイルス(63種)に含まれます。このグル-プの多くは蚊とダニにより媒介されヒトに感染することによって、日本脳炎だけでなくテング熱、黄熱、セントルイス脳炎等の重篤な疾患を引き起こします。日本脳炎は今でこそ国内(年間5人前後)ではほとんどみられなくなりましたが、1960年代には年間数千人を超える患者が発生、その大部分は小児と高齢者でした。ヒトの居住地近くではブタに感染・増幅して、 コガタアカイエカを介し吸血されることによって感染します。日本・台湾・韓国を除くアジア諸国では今も広く流行、年間5万人前後が罹患そのうち1万人から1万5千人が死亡していると推定されています。日本での感染源のブタの抗体検査では北海道を除く広い地域で陽性になっています。日本脳炎は感染してもほとんどが無症状(不顕性感染)で済みますが、発病する場合は6~16日の潜伏期をおいて発熱・頭痛・嘔吐に始まって意識障害・けいれん・精神異常・麻痺等が出現、死亡率(30%前後)が高く、助かったとしても麻痺・精神発達障害などの後遺症を残すことがあり怖い病気の1つです。良好な経過をとる時は約2週間で神経症状は改善します。encejaponica.jpg

 (注)アルボウイルスにはトガウイルス科とフラビウイルス科がありその中にアルファウイルス、フラビウイルスなどが含まれます。有名なC型肝炎ウイルスもこのフラビウイルス科に属しています。

 日本脳炎にはC型肝炎やインフルエンザに対するような特異的な治療法はなく、脳浮腫等の対症療法が重要になります。ワクチンによる予防が何より大切な疾患の1つです。ワクチンについては従前の日本脳炎ワクチンがマウス脳由来の培地を使用していたことから、急性散在性脳脊髄炎との関連性が問題になり、ある期間接種が積極的には推奨されないでいましたが、新規の日本脳炎ワクチンが供給され平成22年4月より各自治体でも再開されています。国内での発生は少ないものの、外国へ仕事・観光等で行くことが多くなっている現状ではワクチンの接種は必須と考えています。
(図はワクチン新聞 平成24年夏号 田辺三菱製薬発行より引用)



  ポイント: 日本脳炎の発症は国内では少ないがアジアではまだ広範囲に流行している。
        罹患した場合、特別な治療法はないためワクチンで予防することが重要。
        副反応の問題で、一時接種が中断したが、改良されたワクチンになっている。
        受けそびれないように注意すること。   

エンテロウイルス感染症

 エンテロウイルスは腸管で増殖、のちに一部が血液に入って種々の臓器に運ばれ、再び各臓器で増殖して臨床症状が出現してきます。ごく普通に日常みとめられヒトの様々な疾患(表)の原因ウイルスになっています。表には入っいませんが、実際は不顕性感染(症状がない)で終わってしまう場合や、夏の原因のはっきりしない非特異的熱性疾患の多くがこのグル-プのウイルスによると考えられます。ヘルパンギ-ナ・手足口病・発疹性疾患・無菌性髄膜炎、急性出血性結膜炎などの特徴的な病態を呈し、まれに脳炎・脳症、ポリオ様麻痺性疾患、心筋炎・心膜炎、流行性筋痛症、肝炎などをきたすことがあります。enterov.jpg 
60種を超える血清型があり、ポリオ・エコ-・コクサッキ-・エンテロウイルスに分類されます。この中で手足口病・ヘルパンギ-ナ等夏流行する疾患の主要な原因ウイルスがコクサッキ-ウイルスです。名前の由来はニュ-ヨ-ク州コクサッキ-で分離同定されたことによります。ここでは夏かぜの原因としてよくみられるこのコクサッキ-ウイルスを中心に解説します コクサッキ-ウイルスにはA群・B群があります。マウスに対する病原性の違いからA・Bに分類されます。A群はA1~A22、A24の血清型、B群にはB1~B6の血清型が知られています。感染経路は糞口もしくは飛沫感染によります。潜伏期は短いもので1~3日、普通は3~6日で発症します。感染するとウイルスの排出は数週から8週にわたると考えられています。コクサッキ-A群の代表的な疾患は手足口病です。手(手掌、手背、指間)・足(足底、足背)・口(口腔粘膜、舌、口唇)に小水疱が出現、1日程度で破れてアフタ様になります。発熱はあっても軽度で、60%程度にみられます。コクサッキ-A16とエンテロウイルス71が原因のことが多いですがコクサッキ-A5・A10などでも発病します。通常軽症で治療は必要ありませんが、ときに髄膜炎、ポリオ様麻痺、ギランバレ-症候群を起こしたとの報告があります。
 ヘルパンギ-ナの特徴は突然の高熱から、咽頭の口蓋弓部に水疱・潰瘍を形成する点にあります。アフタ様の潰瘍は数個から多いと十数個に及ぶものもあり、咽頭痛・嚥下痛のため食欲低下や乳幼児では流涎の増加がみられ、時に水分・食事摂取の不良や高熱のため入院に至ることもあります。高熱の期間は普通2~4日、症状は5日~7日で軽快します。原因ウイルスはコクサッキ-A2~6、8、10などがあげられますが、B群でも発症します。高熱のためコクサッキ-A群感染では熱性けいれんを起こすことがよくあります。
心筋炎・心膜炎はコクサッキ-B1~5、A4,A14,A16さらにはエコ-ウイルスなどが原因として報告されていますが大部分はコクサッキ-B群で、コクサッキ-B群感染の約3%が心疾患を合併するようです。発熱にともなって倦怠感、息切れ、胸痛等で始まり心電図に変化がみられるようになります。重症化するものは少なく大部分が完全に回復します。
 無菌性髄膜炎は突然の悪寒・高熱・頭痛で発症、嘔気・嘔吐もよくみられます。原因の大部分はエコ-ウイルス、コクサッキ-A・B,エンテロ71などです。何年に1度か大流行することがありますが、後遺症を残すことなく予後は良好と考えられます。まれながら脳炎の発症もあるので注意が必要になります。
 急性出血性結膜炎はコクサッキ-A24、エンテロウイルス70が原因になります。目の痛み・羞明、ではじまり結膜の充血・結膜下出血、眼瞼浮腫、角膜表層のびまん性の混濁などかみられます。潜伏期間は約1日と短く、1~2週間で治癒します。。polio.jpg
 高熱から発疹を伴う臨床経過は幼少児ではよくみられます。エコ-ウイルの場合が多く3~5日の高熱後丘疹様の発疹が全身に散在、熱が高いので心配しますが自然治癒することが普通です。コクサッキ-A・B,エンンテロウイルスも同様に原因としてあげられます。
ポリオウイルスもエンテロウイルスに含まれます。予防接種の普及で医師としてポリオを実際にみることはこれまでありません。それほど予防接種が効果をあげた感染症の1つです。感染しても多くは症状がみとめられず治癒します。一部に脊髄の運動神経を障害して下肢の麻痺が出現します。昭和35年にポリオが大流行、10%前後の死亡がありましたが、緊急に生ワクチンを輸入して終息した経緯があります。現在ではその生ワクチンがむしろ感染源になる可能性があることが問題視され、予防接種でポリオの発症の危険性が否定できず、そうした副作用のない不活化ワクチンが導入され平成24年9月より使用されています。




   ポイント:名前は聞きなれないが、実際にはごく身近に経験しているウイルス。
        夏場に流行することが多い。 
        何らかの発疹を伴うことが少なくなく、ヘルパンギ-ナ・手足口病は見ただけで診断可能。
        時に流行する無菌性髄膜炎の原因になっている。