FC2ブログ

食物アレルギ-(1)

 食物アレルギ-は原因食物を摂取した後、免疫学的なメカニズムを介して、生体・患者さんにとって不利益な症状(皮膚・粘膜・消化器・呼吸器・アナフィラキシ-反応など)が惹起される現象をいいます。毒性物質による反応はすべての人におこりうる現象ですが、食物アレルギ-は非毒物性物質による免疫の異常を病因として発症します。食物アレルギ-の概略について、解説します。

FDsym.jpg
食物アレルギ-病型分類
FDtype.jpg
原因物質は年齢によって変化します
FDfr.jpg

アナフィラキシ-の診断基準
anaTx.jpg
症状の重症度
FDgrade1.jpg
アナフィラキシ-治療
FDTx.jpg
診断と検査治療(海老沢元宏編:食物アレルギ-のすべて.南山堂,2014.)
Txprotocol1.jpg


食物アレルギ-成立の新しい考え方
食物アレルギ-は皮膚から感作が成立し、アレルギ-食品を少しずつ摂取すると反応がおさえられる(耐性の獲得)。
foodcuse.jpg
foodkansa.jpg



治療の新しい根拠(経口免疫療法)
アレルギ-食品を完全に除去し続けると、誤って摂取した時、激しい反応が起き、閾値以下の量で経口でとってゆくと耐性ができ食べられるようになる。
poimmu.jpg"


<食物アレルギ-治療の動向>  これまでは原因と思われる食物(たとえば牛乳・卵・小麦など)の完全な除去、ステロイド軟膏の使用回避等の対応してきたが、大きな成果をあげられず(小学生等てアナフィラキシ-ショックを起こす報告がむしろ増加している)にいました。最近、食物アレルギ-が経皮感作、実は腸管から吸収されて感作されるのではなく、皮膚から吸収されたアレルゲン(原因食物)で感作されるとの報告(身近な例では茶のしずく事件)がなされ、皮膚のバリアとしての機能を整える(保湿・ステロイド軟膏の積極的使用)ことにより感作を減少させ、同時にアレルギ-症状がでない量から原因食物を食べ始めれば食物アレルギ-を克服することができる(経口免疫療法)とする治療法が注目を浴びてきています。免疫のしくみを考えると、また成功例の報告が増えるにつれ、有力になりそうな方向にあります。。
 治療のポイントはステロイド軟膏の使用とスキンケア(炎症を起こし荒れた皮膚をすみやかに改善して正常な皮膚を保つ)と原因食品により症状が出現しない量を決定して、そのさらに少量から始める経口免疫療法にあるようです。




アトピー性皮膚炎

ad.jpg
img297.jpg




スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: