FC2ブログ

熱中症

ヒトが高温の状態におかれた時に発症する病的状態を熱中症といい、軽症なものから死に至るほどの重症まて゛様々ですが、気温の予想により発症の予測が可能でそのため対策をとることができる疾患です。たとえ発病したとしても軽症の段階で対応すれば問題は少なく、症状の発病から進行について下記の分類を参考にして下さい。
heatstroke.jpg
熱中症の発生と気温の関係
hsgl.jpg
熱中症の従来の分類を参照にすると熱中症の病態がよりわかりやすくなります。
img526.jpg
img525.jpg
***熱中症の旧分類は実際の現場で理解しやすいところがありますが、重症な変化(Ⅲ度)がすでに始まっている病態を見逃すことがあり治療が手遅れになる可能性を考慮しなければなりまぜん。現在ではⅠ~Ⅲ度の分類が使われています。
[熱中症の対策]
1)体温管理(冷却) 2)水電解質管理(食塩水0.1~0.2%を含んだ水分の補給もしくは外来治療)3)合併症対策(入院治療)
hstroketx.jpg

img211.jpg




スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: