FC2ブログ

伝染性膿痂疹(とびひ)

006.jpg
a5951436[1]
こどもの細菌性皮膚感染症の代表的疾患です。黄色ぶどう球菌によるものと溶血性連鎖球菌ならびにその混合感染によって発病するものがあります。黄色ぶどう球菌が原因の場合、突然の水泡形成から水泡が破れて他の部位に内容が飛び火して、次々に広がって水泡を形成、しだいに濁って膿疱となり破れてびらんから痂皮が生じ、痂疲がとれると上皮化して治癒してゆきます。。水泡ができるのは黄色ぶどう球菌の表皮剥奪毒素によることが知られ水疱性膿痂疹と呼ばれています。汗をかきやすい初夏から夏に多く、虫刺されやあせもを掻き壊したりして傷んで皮膚に発症しやすく、アトピ-性皮膚炎のバリア機能が低下した状態でも細菌が侵入しやすいため"とびひ"を合併(二次性膿痂疹)しやすくなります。
 溶血性連鎖球菌によるものは痂皮性膿痂疹と呼ばれ、水泡を形成することなく紅斑をともなった膿疱が多数出現して厚い痂疲を形成するのが特徴です。A群β溶血性連鎖球菌が原因の場合、小児では腎炎を合併する可能性が高いためその予防することが重要です。痂疲性膿痂疹は季節とは無関係で1年を通してみとめられ、また小児から成人にも生じ発熱・咽頭痛・リンパ節腫脹などの症状を伴うことがあります。
 治療はフシジン軟膏もしくはアクチアム軟膏を使用しますが、セフェム系抗生物質のセフゾン等を併用すると治癒が早まります。創部をガ-ゼもしくは包帯で覆ったり亜鉛華軟膏を塗布したリント布を貼付することがありますが、軟膏塗布のみで閉鎖しない方が創部が乾燥して良い効果をあげることがあります。接触による感染を考慮すると登園・登校の際は病変部の外用処置と被覆処置が必要になります。中途半端な治療に終始すると治癒が遷延するため注意が必要です。以前頻繁に使用されたゲンタシン軟膏はほとんどの細菌が耐性を獲得しているため使用されなくなっています。

antibiotics.jpg





スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: